いったきり単勝競馬

ス ポンサードリンク

« 前の5件  |  -

マイルCS(G1)予想

2008-11-22 12:00   競馬予想
【見解】
 マイルCSの前哨戦といえば、スワンS(G2)と富士S(G3)。ほとんどの馬が、このどちらかのレースをステップにしていると言っても過言ではないと思う。ところが過去10年を見てみると、この二つのレースを使った馬の、本番での成績はすこぶるよくない。

 スワンS組 → 【0,1,6,36】 連対率2.3%

 富士S組 → 【1,1,0,24】 連対率7.7%

 両者を併せると、69頭の出走でわずかに3連対。しかも1勝のみ。これはかなりひどい数字だ。では、どのレースを使ってきた馬がよく連対しているのか。調べると以下の通りとなった。

続きを読む

| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯(G1)結果

2008-11-16 18:20   競馬予想
【結果】
1着 リトルアマポーラ
2着 カワカミプリンセス
3着 ベッラレイア


ハズレ!

【回顧】
 ◎ポルトフィーノは、スタート直後に無念の落馬。つまづいてのものでしょうが、若さが出ましたか。最後の直線では、空馬ながら鋭い伸び脚を披露していたので、残念な結果です。落ちた武豊騎手は大丈夫だったでしょうか。

 勝ったのは、ノーマークだった4番人気リトルアマポーラ。好発から5番手あたりにつけると直線では早めに抜け出して、圧倒的1番人気カワカミプリンセスの追撃を抑えました。ハーツクライがディープインパクトを抑えた有馬記念のような鮮やかな押し切り劇。ルメール騎手、お見事。

 カワカミプリンセスは7番手の好位置に付けていましたが、結果的には仕掛けが遅れた格好。4角までリトルアマポーラの直後に張り付いていただけに、抜かせなかったのは残念だったでしょう。

 G1もいよいよ残り6戦!なんとか食いついていきたいところ。次週はマイルCS!
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エリザベス女王杯(G1)予想

2008-11-15 21:39   競馬予想
【見解】
 いよいよ明日はエリザベス女王杯。カワカミプリンセスが人気になっていますが、押し出された感もあり意外と難しい気がします。はてさて。

 2001年から連続で1番人気となっている秋華賞馬(今年はブラックエンブレム)が、今年は出走しません。またオークス馬トールポピーに、府中牝馬S(G3)を勝ったブルーメンブラット(マイルCSへ)も不在。さらに昨年のエリザベス女王杯1〜5着馬も出走しません。こうなってくると、いくら堅いと言われているエリザベス女王杯も今年はどうなのかと疑ってみる余地がありそうです。

 唯一実績のあるカワカミプリンセスを軸にするのが無難ですが、横山典騎手の過去5年の京都2200mの成績【0,0,0,4】が引っ掛かるので、あえて外して考えてみたい。

 今回は対戦していない未知の魅力という点で、思い切って秋華賞組、府中牝馬S組以外の馬に注目することにしました。絞りこまれた7頭のうち、外国馬2頭はよくわからないので消し。さらに残った5頭で検討してみます。

 ・ビエンナーレ ・・・ 逃げて面白いが、前走から+3キロは負担大きいか。
 ・ポルトフィーノ ・・・ 2000m以上の経験なし。京都は◎。鞍上信頼。
 ・アスクデピュティ ・・・ 使いすぎが気がかり。末脚不気味。鞍上信頼。
 ・コスモプラチナ ・・・ 逃げの一手。後ろが牽制しあってくれれば。展開次第。
 ・トウカイルナ ・・・ 年齢不安。外強襲はまれば。

 どれも捨てがたく迷いましたが、過去5年の京都2200mの成績【9,4,4,16】(複勝率51.5%)の武豊騎手が騎乗する◎ポルトフィーノを本命としました。距離不安は、母系がカバーしてくれるでしょう。単勝1点勝負!

【結論】
単勝◎ポルトフィーノ
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
« 前の5件  |  -

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。