ジャパンC(G1)予想 - いったきり単勝競馬

ス ポンサードリンク

ジャパンC(G1)予想

2008-11-29 03:49   競馬予想
【見解】
 ジャパンカップのデータをあれこれ調べてみたが、最近の傾向としては「強い馬が勝つ」というシンプルな結果が出ている。JC過去10年の連対馬のうち、日本馬は16頭で、その前走をまとめたのが以下だ。

 <JC過去10年の連対馬の前走>
 ・天皇賞(秋) : 8頭(4人気6着以内)
 ・菊花賞 : 4頭(4着以内)
 ・上記以外 : 4頭(G1の複勝率が80%以上)
 
 連対馬の半数(8頭)が天皇賞(秋)から出ているが、いずれも天皇賞で4番人気以内に支持され6着以内の成績を残していた。今回これに該当するのは、ウオッカディープスカイしかない。

 また菊花賞組は4着以内が条件だが、今回該当するのはオウケンブルースリのみ。

 それ以外のレースから来た場合には、G1での複勝率が8割という好実績が求められるが、今回これに該当する馬はいない。ちなみにその4頭とはディープインパクト、タップダンスシチー、エルコンドルパサー、エアグルーヴと蒼々たる顔ぶれだ。

 よって、上記の3頭から連対馬が出る確率が高そうだ。外国馬については傾向がよくわからないので、この際外すことにする。

 どの馬を本命にするかだが・・・

 今年は天皇賞(秋)のレベルが高かった(ハイペースのレコード決着)ので、こちらを使った馬を取りたい。ウオッカかディープスカイになるが、ディープには勝ちきるイメージがないので連軸タイプだろう。単勝なら、ウオッカを取りたい。

【結論】
単勝◎ウオッカ


★もっと競馬の予想を楽しみたい方は、競馬予想ランキング
| Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
広告スペース
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。